2019年のラブライブ!を振り返ろう!

1年振り返り

2019年はラブライブ!『9周年』の年でした。『9』という数字は、ラブライブ!においては、メンバーの数として重要な数字であり、記念すべき1年として、今年は様々なイベントが開催されました。2019年も大晦日ということで、今回は、2019年に開催されたラブライブ!の主だったイベントを、時系列順でまとめてみました!

ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow

  • 全国ロードショー:1月4日(金)〜

2019年のラブライブ!は、Aqoursの劇場版公開とともに始りました。年初めの1月の寒い中、映画館まで足を運んだのも良い思い出ですね。劇場版を観て個人的に思ったことは、やはりラブライブ!の演出の凄さでした。新曲の6曲のどれもが歌詞、曲調、踊りなど総合的に素晴らしいクオリティでした!特に3DCGの表現性なんかは、3年半前に公開されたμ’sの劇場版から、さらに進化を遂げていると実感しました。

因みに、個人的な話になってしまうのですが、ちょうどこの時期は論文の審査等があって忙しく、映画館に足を運んだのは4回で留まってしまいました。時間があれば、メンバーの数に因んで9回足を運びたかったですね!笑(μ’sの劇場版はちゃんと9回観に行きましたよ!笑)

Aqours World LoveLive! ASIA TOUR 2019

  • 上海公演:3月23日(土)〜24日(日)
  • 台北公演:4月6日(土)〜7日(日)
  • 千葉公演:4月13日(土)〜14日(日)

今年のAqoursのライブツアーは国内ではなく、“アジア”の3都市で行われました。つい先日の12月22日に放送された『アニソンプレミアム』では、Aqours声優さんの9人中4人が、今年の印象的だった出来事としてアジアツアーを挙げていました。やはりそれだけ、ライブツアーに対しては強い気持ちを持って、臨んでいらっしゃったんですね。

自分はアジアツアーには参加できませんでしたが、セットリストを見る限り、1期のアニメ曲が多く盛り込まれていたように感じました。また、最後の2曲には、『No.10』と『Thank you, FRIENDS』が4thライブ(2018年11月、東京ドーム開催)以来披露されました。非常に貴重な選曲だと思いますね。

Aqours 5th LoveLive! ~Next SPARKLING!!~ 

  • Day1:6月8日(土)
  • Day2:6月9日(日)
  • 会場:メットライフドーム(埼玉)

今年のナンバリングライブは、Aqoursライブでもお馴染みメットライフドーム(2nd、3rdに続き3度目)にて2日間開催されました。1月に公開された映画曲に焦点を当てており、Aqoursライブの集大成的な内容でしたね!

映画曲が素晴らしかったことは言うまでもありませんが、人気の高いスリリング・ワンウェイやDaydream Warrior、貴重なセブンイレブン学年曲、サプライズで2期BDユニット曲など、大盤振る舞いなセットリストだったと思います。個人的には、予測不可能Driving!、ハジマリロード、Believe againの3曲が思い入れ深いですね!

以下に視聴動画を載せましたので、気になる方は是非ご覧下さい♪

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 5th LoveLive! 〜Next SPARKLING!!〜 Blu-ray & DVD 【ダイジェスト】

スクフェス感謝祭2019

  • Day1:9月21日(土)
  • Day2:9月22日(日)
  • 会場:ベルサール秋葉原

今年のスクフェス感謝祭はなんと、聖地『秋葉原』で開催されました。2015年から開催され、今年でちょうど5回目の開催となりましたね。僕自身は2016年、2018年、2019年の3回参加しましたが、正直今年の会場は少し規模が縮小しているように感じました。それでもやはり、スクフェスからラブライブ!を知った身としては、1年に1度の祭典なので、とても盛り上がりましたね!

今年は、『スクスタ』のリリースも目前に控えていたので、虹ヶ咲のメンバーも多く取り上げられていました。特に虹ヶ咲のメンバーの内しずくちゃん、彼方ちゃん、エマちゃんの3人は元々はスクフェスのモブ部員でした。そこから人気投票により、虹ヶ咲のメンバーに選ばれたと思うと、何だか感慨深さがありますよね。

感謝祭入り口にはスクスタリリースの看板が大きく飾られていました!例年とは一味も二味も違った感謝祭だったと思います。
推しの真姫ちゃんもしっかりと写真に納めることができました笑

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS

  • リリース日:9月26日(木)

今年はラブライブ!のイベントが本当に多くありましたが、それでも僕が思うに一番反響が大きかったのは、やはり『スクスタ』のリリースだったと思います。実際にTwitter上では、スクスタをきっかけにラブライブ!を知った、復帰したという方が予想以上に多く見受けられましたね。2013年のスクフェスのリリース然り、アプリゲームの影響力はとんでもないものなんだなと改めて実感しました。

スクスタに関して正直な話を言うと、実は僕自身はリリース前までは大きな期待はしていませんでした。『ラブライブ!のアプリだからインストールしよう』程度の気持ちでいましたね。ですが、実際にプレイしてみると、その美麗なイラストに驚きを隠せませんでした…。スクフェスでも十分可愛いイラストだと思うのですが、スクスタのイラストはその数段力を入れているように感じましたね…!

推しのこんなイラスト見せられてしまったら、手に入れないわけにはいかないですよね…

さらに衝撃的なのは、MVのクオリティの高さです!スクスタの3DCGの凄いところは、キャラの表情がとても豊かな上に、全く違和感がないんですよね。さらに、動きも滑らか(60fps)ですし、衣装の細部の作り込みまで凝っています!正直、無料でこのクオリティには驚いてしまいましたね…笑。

初めてMVでSTART:DASH!!を見たときの感動は、今でも忘れられません…

勿論、スクスタは良いところばかりではなく、改善すべきところもたくさんあると思います。特にキャラ要素が強い分、ゲーム性としては単調で飽きやすい仕様だと思います。また、露骨に搾取しようとしているガチャの仕様や、楽曲追加のペース(このままのペース配分だったら一生終わらなそう…)も心配ですよね。ここら辺の課題に関しては、今後のスクスタ運営の頑張りに期待したいところです!

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 First Live “with You”

  • Day1:12月14日(土)
  • Day2:12月15日(日)
  • 会場:武蔵野の森総合スポーツプラザ・メインアリーナ

2019年最後の大きなイベントは、皆さんの記憶にも新しい、虹ヶ咲1stライブですね!これまでのμ’s、Aqoursとは違い、虹ヶ咲の楽曲はソロ曲が大半を占めており、新たな魅力が詰まったライブだったと思います!ライブの告知では、虹ヶ咲のアニメ化も発表され、2020年はさらに虹ヶ咲が活躍してくれることが期待できますね!1stライブに関しては、以下記事にさらに詳しくまとめているので、よかったらご覧下さい!

まとめ

ここまで、2019年のラブライブ!の主だったイベントについてまとめてきましたが、如何だったでしょうか?個人的には、2013年(ラブライブ!1期アニメ化、スクフェスリリースなど、ラブライブ!が飛躍した1年)、2016年(μ’sファイナルライブ開催〜Aqours1期アニメ化など、ラブライブ!が大きく変動した1年)についで、色濃い1年間だったのではないかなと思っています。

来年2020年は、早速1月に一大イベントである『ラブライブ!フェス』が控えていますし、ラブライブ!シリーズとしては、記念すべき10周年を迎えます。まだまだ勢いがおさまらないラブライブ!に来年も期待せずにはいられませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました